ネット依存症の月極す。
リアルは海や山を探索する冒険家で、
ネットでは数多のネトゲを巡るダメ人間す。
あと社畜す。

リンクはご自由に晒すなり、煮るなり、なんなりと、
更新頻度は気分的なもんなんでごゆるりと。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
和歌山県 〜友ヶ島〜

 

かなり遅くなりましたが、
10月2日に和歌山県友ヶ島へ行った写真です。
友ヶ島は瀬戸内海に位置する無人島で
和歌山県の加太港という所から船がでています。


当初は土日の二日に4人で無人島キャンプという計画でしたが、
日曜の天気予報が雨なのと、
一人急用な仕事で来れないということで

3人で日帰りの旅になりました(´・ω・`)

友達はいつもの旅友達とは違い、
幼馴染の友人と大阪に住んでるネットの友人といきました(*´艸`)


補足:今回は時間の都合急いで写真取った為、画質なんかが汚いです。
  友達も先々進むから落ち着いて写真がとれなかったし・・・。+;゚(ノД`゚)';+。
 




さて、この日は朝7時頃に岡山を出て、
大阪で友達を一人拾い、そのまま和歌山の加太港まで行き
10時の船便に乗る計画でしたが。。。
高速道路の道を間違え、さらに大阪でぐるぐる迷子になったので、
大遅刻して13時の便に乗りました。 (大阪が地元の友達は使えない子でした・・orz

ちなみに帰りの便は16時が最終便なので
島に入ってから遊ぶ時間は3時間ほどしかありませんでした(ノД`゚ グスン





そして実はわたくし、船酔いが激しくて4枚目のような荒波の海を渡ると
へべれけマーライオンになり、まともに歩けなくすらなります・・ォゥェー.,orz

まぁ友達に肩を借りつつなんとか島へ上陸。




やっぱ人間、地に足が着いてなきゃ生きていけんてw
シータも言ってたろ?^q^;


上陸してからはもう無人臭がプンプンして、
古い物好きのうちとしてはテンション最高潮!! \(^q^*/ 船酔いも吹っ飛んだ!





普段見ないような景色も沢山みれて、道を歩くだけで満足気分です♪


途中友達二人が崖を指さし、意味深な靴を発見。。。

 

・・・これ置き手紙とかあったらガチで怖いなぁ・・・(((゚Д゚;)))


で、一本道をひたすらまっすぐ歩く、、ただひたすら歩く、、それだけでも楽しい!(´∀`*




海は澄んでるのに海岸が汚いのが頂けなかった(´;ω;`)さすが瀬戸内海。。


で、進むこと数分、第一の遺跡に到着





- ↑第二砲台跡 -
この廃れ具合が最高です('¬'*
なんか地下っぽい所もあったのですが、
有刺鉄線が張り巡らされて、入っていいのか駄目なのかよくわからんくて
結局内部は入らずに外見のみをパシャパシャ取りました(´;ω;`)




先に進むとポコっと熊の巣みたいな穴蔵がありましたが、
内部を見る限り結構奥が深かったのでおそらく第二砲台跡に続いてるのかと思われ。
進みたかったが・・・生き埋めになる勇気がないのでパスしました(;´艸`)


んで、また道なりに進み、今度は灯台へ。




この灯台は現在でも使われている見たいです。
ちなみに山一つ越えたところに変なレーダー基地みたいなのもあった('ー'*



灯台付近も素敵ゾーンが多々あったが、ここもやはり立ち入り禁止区域なので、残念
(´xωx`;)


灯台を離れまた道なりに進む、




灯台からかなり歩いた所だけど、どうやら灯台から見えたレーダー基地に到着した様子。
大砲の弾薬庫も近くにありました(2枚目)




レーダー基地付近にはめぼしいものは無かったので、
弾薬庫を調査。ここは作りもしっかりしてるので、どうやら立ち入っても大丈夫なご様子。
有刺鉄線もなかったー♪ キャッ♪ヽ(*´∀`*)ノキャッ♪

大阪の友達、通称「チャーシュー」がわれ先にと進む。。。(((゚Д゚;)))

以下内部




内部が意外と綺麗でびっくりした。
しっとり冷ややか(((´ω`;)))
あと内部通路の壁にところどころレンガが1つ抜けたような箇所がいくつかあったけど、
その穴にはカマドウマがビッシリいました・・・はわわわわわ(((゚Д゚;)))トラウマもんだよ!

そして、時間もないのでそそくさと出て
つぎの跡地へ。 ε=へ´・ω・)ノ

着いた先はここ!
今回一番来たかった場所!

- 第三砲台跡 -




いやーここ一番写真取りたかった場所なんですよ!
特に二枚目と六枚目のアングルがすごく好きで、
下調べしたとき自分もここを撮ろうと決意してました(。・`ω・´)
友達にせかされ、綺麗に撮れなかったのが尺だなぁ・・(´・ω・`)
(※あとちなみに、もし人外の変なもんが写っていても私には教えないでください)


このあたりになってくるともう時間が3時半を回っていて、
港も遠くて無事帰れるかわからない状態なので早足で道を進んで四苦八苦(´・ω・`)



将校なんかもあったり(;・`ω・´)ここでどんな生活してたんだろう・・・



で、また道なりにず〜〜〜っとまっすぐ進んで港へ・・・

帰るとき木にリスが居たんですが、
シャッターチャンスを逃し・・逃げられてしまいました。+;゚(ノД`゚)';+。

ちなみにこの島には孔雀やシカもいるらしいのですが・・
どちらも会えず仕舞いで終わりました・・・(´・ω・`)
友ヶ島港から加太港まで、また地獄の荒波を渡り戻ってきてまたふらふら・・・
帰り際にかわいいニャンコさんがいたので最後はそれで〆ます。



(*´艸`)うんっかわいっ♪




全体の感想、
もっと時間に余裕を持ち、島全体を探索したかった。
今回は半分程しか回れずちょっと残念な気分(´・ω・`)

それと、友達と旅するのはいいんですが、
やはり、写真撮りなどといった個人の趣味目的でいく場合は
同じ趣味を持った仲間と行かないと疲れますね。や、ほんとに・・。
いつもの良き写真取り旅仲間が一番や・・・。+;゚(ノД`゚)';+。
まぁでも、楽しかったのには変わりないからいっか(´∀`*)

こういう遺跡関係は時間が経つにつれ、
味がでてくるからまたいつか数年後に行くとしよう
(。・ω・)楽しかったです。森林浴と冒険心を駆り立てたい人はどうぞ友ヶ島へ!
| 00:30 | | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://tukigime.jugem.jp/trackback/102